新入園児さんが入園し

この時期になるといつにもまして素敵な姿が見られることがあります!

 

それは・・・

 

入園したばかりで何も分からないお友だちに

優しく手を取り、お度の仕方や

おもちゃの使い方などを教えてくれる事です❗

初めての園生活や、お家の方と離れることで

不安な気持ちが大きい中、お兄さんお姉さんが優しく声を掛けて教えてくれたり

寄り添ってくれることで新入園児さんも少し安心して

1日をスタートすることが出来るようです😊

 

お手伝いをしてくれているお友だちも1、2年前はお兄さんお姉さんに

たくさんお手伝いをしてもっらっていたなぁと懐かしくも感じ、成長も感じる事が出来ました

自分たちが困っていた時や、どうすればよいか分からなかったとき

優しくお兄さんやお姉さんが助けてくれた姿をしっかりと覚えていて

今の姿があるのだと思います⭐

 

これも園の理念である「貢献」に通ずるものがありますね。

 

保育者から言われてするのではなく

お手伝いしたい!と思って関わることができる姿はとても素敵ですね🌟

 

子ども達が安心して過ごせるような環境作りを

心掛けていかなければなりませんが、

大人が簡単に手を貸すのではなく

子ども達同士の関わり合う姿を大切にしなければならないと改めて感じました。

 

幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿の中に

「道徳性・規範意識の芽生え」とあります

大人が教え込むのではなく

相手の立場になって気持ちを考えたり共感したりする事を

経験や体験を通して学んでいるのですね✨

 

新入園児さんのこの体験から

数か月、数年経ってめぐってくる「貢献」を楽しみにしたいですね😋

 

🚙だんごむし🚙

コメントを残す