あの頃は・・・


早いもので、

昨日のお別れ会を終え、

ゆりぐみさんは卒園式を迎えるのみとなりました。

お別れ会を見ながら、

ゆりぐみさんが入園したころの事をいろいろ思い出し、

子ども達の成長を改めて感じることができました。

あの頃は…

毎日「おうちがいいー!ママ―!」と泣いてばかりで、

先生に抱っこされたり、お兄ちゃんお姉ちゃん達にお手伝いしてもらったり

一人では何もできなかったお友だち。

今では、泣いている小さいお友だちに優しく声をかけ、

わからないことは教えたり、お手伝いしたりしてくれました。

お友だちとおもちゃの取り合いや並ぶ順番などで、

けんかをして、先生に助けを求めに来たこともありました。

今では、お友だちと言葉で話し合い、自分たちで解決できるようになりました。

困ったときや、やりたいことなど、みんなで自分の思いや考えを伝え合い、

話し合うこともできるようになりました。

昨日のお別れ会も

自分達で何をしたいか、役割を考えて、みんなに見せてくれました。

その姿は、子どもたちがこの園で毎日集団生活を過ごし、

たくさんの異年齢のお友だち、いろいろな先生や地域の方などと関わりながら

色んな経験をした中での大きな成長だなぁと、

そして、わたしもその成長の過程に少しでも関われたことに、本当に嬉しい思いでいっぱいになりました。

ゆりぐみさん、

これからの出会いも大切にして、小学校でもたくさんの経験をして楽しんでね揺れるハート

見守ってまーす涙

サッカー ハイキューバスケットボール

コメントを残す