節分


2月に入りましたね。
まだまだ、冷え込む日が多く、風もとっても冷たいですよね雪
インフルエンザは落ち着きましたが、鼻水が出ていたり、咳が出たりするお友だちが多いようです涙

今日は、節分ひらめき

節分は、年に1回だけでなく、実は4回もあるんですよるんるん (音符)
もともと、節分とは季節の移り変わるときをさし、立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれ前日だったそうです。
それが、太陰太陽暦では立春を年の初めと定めたので、立春の前日、すなわち大寒の最後の日を特に節分として重視し、いまの時期になったみたいですよ。

節分の豆まきは、中国から伝わってきた風習で、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、その鬼を追い払う儀式として、706年に初めておこなわれたそうです。
室町時代頃には、豆をまいて鬼を追い払う行事として定着していきました。

そして、みなさんが食べるであろう恵方巻ウィンク
商売繁盛を願って食べたのが始まりの恵方巻ですが、いまでは無病息災を願うことが多いですよねぴかぴか (新しい)
恵方を向いて1本まるごと食べることで無病息災や商売繁盛の運を一気にいただくということを意味していて、途中で止めると運を逃すとも考えられています。
ちなみに今年の恵方は「東北東」ですうれしい顔

先日、園でも節分会があり、豆まきをしました。
終わったあとには「もう泣き虫鬼いないよ~!」「好き嫌いしないで食べれる!」と言っているお友だちもいましたよほっとした顔

これからも、みんなが元気にすくすく育ってくれますようにハートたち (複数ハート)

双子座

コメントを残す