おたのしみ会(劇)


当園のおたのしみ会では「言語」「表現」を中心に子ども達の成長をみてもらいたいと考えています。

そこで行うことが「言語劇」です。

 

運動会が終わるころには、遊びのゾーンの中にペープサートができるものが作られます。

そこで、遊びの中で劇遊びが始まります。

 

しばらくすると、「げきあそびの達人」というものが幼稚園内で行われます。

子ども自ら、先生の所へ行き、課題をクリヤーするのです。

すると、「げきあそび」の達人カードを貰えます。

 

ここで、大切なのが「子ども自ら」という気持ちです。

 

自分でやりたい、達人になりたいという思いが、次の活力につながります。

 

先日、あるお父さんが少し早めに迎えに来ましたが

あいにくそのクラスでは劇遊びをやっていてすぐには帰ることができません。

仕方なくその様子を眺めていたお父さんですが

子ども達が楽しく劇に取り組んでいる姿を目の当たりして

「おたのしみ会より練習の方が面白いですね」

と、話されていたことが印象的でした。

 

やらされて取り組むことからは「安堵感」

自ら取り組むことで「達成感」

が、生まれるといわれています。

是非、子ども達には「達成感」を感じてもらいたいと思います。

 

園長

 

 

コメントを残す