子どもだから・・・


先日、ニュースで見て、確かになぁ~!と感じたことがあったのですが・・・。

「子どもだまし」と「子ども向け」の違いひらめき
みなさんはどう違うと思いますか?

私も少し考えてみたのですが、
なんとな~くニュアンスの違いは分かるものの、
はっきりとした答えまではたどり着けずにいましたあせあせ (飛び散る汗)

まず、「子どもだまし」

これは、大人の自分はあまり好みじゃないけど、たぶん子どもはこういうのが好きなはず!と大人の考えでつくられているもの。子どもっぽいと思うものをなんとなくただ作っているだけ。

次に、「子ども向け」

これは、大人の自分が本当にかっこいいと思っているもの(こと)を、わかりやすく伝えているもの。大人の表現では難しいかもしれないから子どもたちにわかりやすいようにしているもの!だそうですぴかぴか (新しい)

「子どもだまし」と「子ども向け」
幼稚園のお集まりや活動でも同じことが言えるなぁ~と感じましたハートたち (複数ハート)

大人が心からおもしろい!と思うものは大抵子どもたちにとってもおもしろいもので、
そのおもしろさを伝えていくこと(興味を持ってもらうこと)が大事だなと思いますわーい (嬉しい顔)
逆に、子どもたちが好きなこと・興味を持つことに目を向けてみると、新たな発見があるのも納得です!ひらめき

だから名作と呼ばれる子ども向けの作品は、大人にとってもかっこいいしおもしろいんですねハートたち (複数ハート)

ととろぴかぴか (新しい)

コメントを残す