普段ゆり組さん、うめ組さん、もも組さん関係なく

いろんなお友達と遊んだり、関わったり

しているお友達♪

しかし仲良しのお友達でも時には

ケンカしたりトラブルになったりすることも、、

ちょっと言葉が強すぎたり、手が出てしまうことも

あるかもしれません

保護者の皆様はトラブルなくみんなと

仲良くしてほしいと感じていらっしゃるのではないでしょうか?

しかし子どもたちにとって

お友達と意見がぶつかったり、トラブルになってしまうことが

全て悪いことではないのではないかと思います

トラブルを通して子どもたちは

相手の気持ちに気付いたり、言葉の伝え方を

学んでいくのではないかと思います。

私たち大人でも自分の気持を相手に伝えるのって

簡単な事ではありませんよね(^^)

集団の中で、様々な性格のお友達と出会って

関わってみて、子どもたちは

社会で生きていくための力をつけているのではないでしょうか(*^_^*)

もちろんなかなか言葉で伝える事が出来なかったり

自分たちで解決できないこともたくさんあると思います!

そんな時は職員が間に入って、一緒に解決できる方法を

探していければいいなと思います

 

こぐまちゃん

 

 

 

 

 

コメントを残す