出会い、ふれあい、学びあい☆☆☆

子どもたちは日々、いろんなものに出会い、ふれあい、学びあいを繰り返しながら成長しています。

先日キャリアアップ研修会に参加した際、その講義の中で幼児期につけるべき力についてのお話がありまし

た。講師は30年程幼稚園教諭として経験を積み、現在大学の先生をされている方でこんなことをおっしゃってい

ました。

「文字が読める、書ける、英語が話せるなど後からいくらでも取り返しがつくものはあとでよい。今この幼児期に

必要なのはそういうことではなく、遊びの中で、遊びを中心とした環境で、人の話をしっかり聴くこと、それを理

解し考えること、自分の気持ちを伝えることなど・・・そのあとで興味を持てば子どもたちはどんどん吸収し伸び

る。」

さらに、30年程前にベストセラーになった本「人生の必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ」(ロバート・

フルガム著)の一節を紹介されました。

「人間どう生きるか、どのように振る舞い、どんな気持ちで日々を送るか本当に知っておかないといけないこと

を、私は全部残らず幼稚園の砂場で学んだ。大事なことは大学院のてっぺんではなく幼稚園の砂場にあった。皆で

分け合うこと、ずるをしないこと、人の物に手を出さないこと、誰かを傷つけたら謝ること、使ったものは元に戻

すこと、人をぶたないこと・・・」

 さて、私の恩師や仲間がこんなサロンを開催します!!

2018算数・数学サロン~出会い,ふれあい,学びあい~

日時:平成30年3月3日(土)13:00~16:00

場所:熊本大学教育学部

対象:就学前・小学生・中学生・一般の方

※事前申し込み不要・参加無料

それぞれの段階に応じて算数・数学との魅力的な出会いとなるような問題や活動をスタッフ(学生・院生・卒業

生)が準備しています。

この出会いからまた何か新たな世界が開けるかも☆☆☆

興味のある方、何かお尋ね等ありましたらお気軽にお声かけください。

mathマティコ

コメントを残す