園では12月のお楽しみ会へ向けて

子ども達がダンスをしたり、セリフを話している姿をみることができます。

その姿は、自らやりたいという行動から起こしている姿です。

しかし、なかには「やりたくない」という子どももいます。

 

「城山幼稚園は嫌なものは、やらなくてもいい方針ですか?」

という質問がたまにあります。

 

強制的に「やらせる」ことはしないのですが

そのようなことよりも

やらないというそのときの「子ども達の気持ち」を大切にしています。

 

なぜ、やりたくないのか?

たまたま、気分がのらないのか?

友達とトラブルなどがあったのか?

朝、家でなにかあったのか?

ただ嫌なだけなのか?

発達に課題があるのか?

子どもなりに何かしらの理由があるので

その理由を汲み取ることが大切です。

 

この気持ちを汲み取ることで

今後の子どもの「やりたい」という気持ちへ繋がります。

そこまで子ども達を信じることが保育だと考えています。

 

かつての保育で使われていた

「頑張る」「一生懸命」「辛くても」「必死に」ということはあまり効果がなく

「楽しんで」「喜んで」「自ら進んで」行うことの方が効果があることがわかっているのです。

 

ということで、「おたのしみ会」で劇遊びを披露しようとしたときに

セリフを「一生懸命に覚える」「言われたとおりに演じる」「辛くても練習する」という保育は、表現、言葉の領域においても発達をしないということになります。

 

園長 豊田 泉

 

 

 

 

コメントを残す